神社を守る狛犬、そのルーツはライオンだった…?

神社を守る狛犬、そのルーツはライオンだった…?

普段は神社に足が向かなくても、「さすがに初詣ぐらいはしておくか」という方も多いのではないかと思います。

ところで皆さんは、神社は好きですか?

筆者は大好きで、神社巡りが趣味だったりもします。

理由はただ1つ。狛犬がかっこいいからです!

それぞれに迫力のある形相の像が、阿吽に分かれて左右に鎮座している様子は、シンプルにかっこいいと感じてなりません。

どこかしら怪獣めいたテイストもありますし。

それにしても、そもそも狛犬ってどんな生き物なのでしょう。

そしてどうして神社に鎮座するようになったのでしょうか。

今回はこの2点について紹介していきたいと思います。

犬といいつつ犬じゃない!狛犬はイヌ科とネコ科のハイブリッドだった…

今回のテーマとして紹介する狛犬。名前に犬が入っている上に、神社によっては鎮座している狛犬が普通の犬とよく似ている場合もあるので、てっきり犬モチーフなのかと考えがちです。

ところがこれって、半分正解で半分ハズレなんですね。狛犬は、獅子と犬をモチーフにした空想上の生物の像とされているのです。

狛犬の原型になった獅子像は、飛鳥時代に日本に伝来したという記録があるそうですが、注目すべきは獅子像というネーミング。

そう、この段階ではまだ狛犬は誕生しておらず、獅子を象った石像でしかなかったのです。

現在のような、いわゆる狛犬とされる形状のものが誕生したのは、平安時代になってから。これまで獅子像1対で鎮座していたものが、平安時代のある時期以降になって、ようやく獅子像と、狛犬の像を対にして置くようになったわけです。

……ここでちょっと混乱してきた方もいらっしゃることでしょう。

実は現在、一般的に狛犬と呼ばれている、あの左右の像。厳密には片方は飛鳥時代から、ずっと獅子像のままで、もう片方だけが狛犬と定義されているんですよね。

獅子像はその名の通りネコ科のライオンはモチーフで、狛犬は犬と獅子がモデルの、架空の生物です。

ということは、犬の名を冠しつつも、隣の獅子像と共に俯瞰すると、神社に置かれているあの像のエッセンスの、3/4はネコ科のニュアンスに支配されている、ということがいえるわけです。

狛犬は何故神社を守っているのか?

と、ここまでは狛犬のルーツについて紹介していったところなのですが、この話自体は神社好き、狛犬好きなら割と誰でも知っていることです。

ここからもう一歩踏み込んでみたいと思います。

そもそもどうして、狛犬は神社を守っているのでしょうか。

この理由については、実は起源が判明しています。

飛鳥時代に伝来した獅子像でしたが、もっと遡ると中近東で獅子像が左右に配されていた神殿などが狛犬の元祖であると考えられているのです。

ほら、よくエジプトの神殿とかで、左右にライオン像が配されているイメージってあるじゃないですか。あれをそのまま流用したものが、獅子像、そして狛犬像になっているのです。

なにせライオンは強さ、権威の象徴です。その強大な生き物を象った造形物を、大事な施設に配するというのは、国は違えど誰しもの心の琴線に触れるものだった、という話なんですね。

おわりに

ところで、日本には獅子……つまりライオンは生息していません。

そのため、当初獅子像が持ち込まれた際には、モチーフとなる動物については、てんで知識がなかったわけです。そのせいで私たちの祖先は、犬のような印象を獅子像に感じ入り、後年になって狛犬に派生したという説があります。

もっとも、これは仮説の域を出ないものですが、神聖な場所を守護するための獅子像に、飼い主に忠実な犬のイメージを抱くのは、なんらおかしなことではありません。

案外その通りだったのかもしれませんね。

文/松本ミゾレ


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる